上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- (--:--) l スポンサー広告 l top
小泉堯史監督

キャスト

寺尾 聰   宮崎 美子  三船 史郎  壇 ふみ  井川比佐志  吉岡 秀隆  

原田美枝子  松村 達雄  仲代 達也

main_image.jpg
 


小泉尭史監督、「博士の愛した数式」「明日への遺言」の監督らしい。

「博士・・」はあんまり好きな映画とは言えなかった~(';')

「雨あがる」は黒沢明監督の脚本だったが、完成を見ず黒沢監督は逝去。助監督として脚本執筆の手伝いをしていた小泉監督が、完成させて映画化した。

原作は、山本周五郎の短編。

山本周五郎は、どこかおかしみと明るさがあって私は好きだ。
山本周五郎のあかるさと、優しさ、晴れやかさがこの映画にもいきているんではないか!
と、小泉さんも黒沢さんも、はたまた名作を多数生み出してきた他スタッフも、ぜ~んぜんしらにゃいわたしが、偉そうなことを言ってみるww


でも、確かに、「太宰治」や「カフカ」ばかり読んでいると、やる気やパワーをそがれる感じがしたりするが
周五郎さんは、元気をくれる。

舞台は「戦国時代が終わり、その反動で豪奢な元禄時代があり、その豪奢に飽きて質実尚武を享保の時代」だとのことだ(引用)

あらすじ


浪人、三沢伊兵衛は剣豪でありながら、人の好い性格が災いして、なかなか士官になれないでいる。
本人三沢は、それをさほど惜しんでいる様子もないが、妻に申し訳ないと思い、ひょんなことから誘われた、藩の剣のご指南役の職をものにしたいと考えるが。。。。



貧しいなかでも、まじめにいきる庶民を尊く思い、いとおしく思う浪人「三沢」の目線が美しい。
またそういう三沢にむける妻のまなざしの美しさと気品。
ただ、身のこなしや顔かたちの「美」だけでなく心から立ち香るような美しさを備えた妻。
貧しくも正直で、情のある、温かい庶民たち。

日本の美しい風景とともに、数々の心の美を見せてもらった。
黒沢さんの思惑通り、「はればれ」とさせてもらいました。

黒沢監督の遺作を、素晴らしいものにしようという、小泉さん、ほかスタッフの心意気のたまものかもしれません。


☆☆☆☆☆ほしいつつ~




スポンサーサイト
2012.06.04 Mon (17:08) l ●邦画あ行 l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://chiburu123.blog60.fc2.com/tb.php/17-60e43e22
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。