上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- (--:--) l スポンサー広告 l top
園子温監督


キャスト

水野美紀  富樫真  神楽坂恵  アンジャッシュ児島  


恋の罪




「冷たい熱帯魚」につづき、園子温監督です。

主演は水野美紀さん。

水野美紀さんは、最初のイメージとして「園子温監督」の重々しい、どろどろした、エロでグロな作品には
不似合いな感じを持っていた。

しかし彼女、映画の冒頭でオールヌードになっています。
お風呂上がりにすっぽんぽんで出てくる女刑事・・・ではありません、れっきとした濡れ場です。

↑の画像は遺体発見現場です。

女性の腐乱死体。蛆がわいています。

死体は切断されています。頭と、手足と、陰部だったっけかな?

このマネキンが死体なわけなんですが、腐乱した死体と、人形が接合されている感じです。

あともう一体、赤いドレスを着た死体。(一人の女性の死体が、二つの人形に接合されています)


おぞましい現場です。渋谷区円山町とのこと。いったことありません。(いや、どうだろう)

この映画は、東電女性社員殺人事件を下地にしています。

「冷たい熱帯魚」の時と同じく、ある部分は非常に現実の事件に忠実に描かれています。

〇東電の女性社員が殺された現場もこの映画と同じく渋谷区円山町のアパートだった。
〇東電の被害者は、慶応大学卒で東電の管理職に就いていたが、この映画の被害者は、大学教授だった(富樫真)。
〇上流階級の家に育っている。
〇昼の顔と夜の顔を持ち、夜は渋谷区円山町のあたりで、街娼として客を取っていた。それも、5000円、2000円、3000円、1000円で。
〇人前で、放尿したりご飯をがつがつ食べたりする。

東電の女子社員の被害者さんは、ネットで写真が出ていたが。。。上品な顔立ちだ。
よもや、夜の顔は想像できない。


エロでグロな映像、もう園子温さんだとそれに驚かない。慣れてしまった。


ところでこの映画を見て、登場する3人の女性たちに共通することがあるとおもう。
(刑事の水野美紀さん、大学教授の富樫真さん、大学教授の富樫さんに影響されるまま、売春を行ってしまう小説家の妻、神楽坂恵さん)

それは3人とも、性的な欲求をもてあましていたということ。

水野美紀も家庭があり、優しい夫と娘がいる。しかし夫の後輩と不倫。

世間の目からいうと、そういう俗的な世界には無縁のように思われる、大学教授であったり、小説家の貞淑な妻であったり、刑事であったり。

でも、女は見かけではわからないのだ。

男もそうだろうが、女は特にそうだ。

見かけではわからない。(強調する笑)

私の知人で、清純キャラの女性がいた。声も小さく上品で、可愛くて男子にモテモテだった。

でも、その子の家の引き出しには、彼女が行った性行為を撮影したテープがたくさん入っていた。

まだ、20歳くらいの頃の話だ。

私は腰が抜けるほど驚いた。

また、スポーツ万能で大学時代も化粧もせずにスポーツをやってきた体育会系の知人も、ある日引越しの手伝いをしたとき、引き出しに大人のおもちゃをかくしもっていて、私は非常に驚いた。

まあ、だからなんなんだ?といわれそうですが。。。笑


ある種、一部の人間は男であれ女であれ、駆り立てられるように性的な魔力から逃げ出せず、身を落とす。

その可能性はだれにでもある。

気合を入れて生活しておかねば、堕ちる可能性はそこここにある。

仮に誰にもばれずに、うまく浮気をやってのけていても、自分が一番よく知っている。

その時点で、もう堕ちているのだ。

この女性たちのように。








スポンサーサイト
2012.09.01 Sat (19:18) l ●邦画か行 l コメント (2) トラックバック (1) l top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。