上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- (--:--) l スポンサー広告 l top
ジャウマ・コレット=セラ監督

キャスト  リーアム・ニーソン  ダイアン・クルーガー

img_113281_28947519_0.jpg


ストーリー

リーアム・ニーソン演じるマーティン・ハリスは、妻とともにベルリンにでかけるが、空港を出てホテルについた直後、空港のタクシー乗り場に大事なバッグを忘れたことに気づき、急いで取りに戻る途中で交通事故にあう。
4日間意識不明。その後意識が戻り退院しホテルに向かうが、妻は「自分がマーティン・ハリス」だと名乗る他の男といて、「あなたは私の夫じゃない」とマーティンに告げる。

パスポート等、身元を証明するものは何もなく、マーティンは途方にくれる。


という設定で、監督が「エスター」の「ジャウマ・コレット=セラ監督」。これはつまらないはずがないと期待大。
自分を知る人のすべてが自分を否定し、代わりの自分が存在したら、それはとても恐ろしい。
それも愛する人に「あなたなんて知らない」と言われるなんて最悪だ。

そんなわけで、前半相当のめり込んで鑑賞。
しかし、途中、どうしてこんなことになったのか????と謎が次第に解け始める。。。

上質な、正統派なスリラーサスペンスアクションという感じだ。

だけども・・・私はなぜか、もっと違う結末を望んでいた。
謎が解け始めてからがつまらない。。。。
エスターの監督なのになぁ。。。。。もっとびっくりさせてほしかった。

☆☆☆☆ほしよっつ。。。

みっつにするのはちょっとしのびない。






スポンサーサイト
2011.11.05 Sat (10:55) l ☆洋画あ行 l コメント (0) トラックバック (0) l top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。